No.113_News Topic:栃木のNEWS

News Topic 04 栃木のNEWS
~烏山信用金庫と包括的連携協定を締結~

地域の暮らしをより豊かにするための連携

山中重雄代表理事と束原民範理事長

9月20日(金)、予てより準備を進めてきた烏山信用金庫と栃木県中小企業家同友会の「中小企業者の支援に関する覚書」の調印式が行われた。覚書は中小企業者及び農林水産業者の経営の安定及び経営基盤の強化を目的とした支援に、連携して取り組むために締結されたものである(図参照)。調印後、山中重雄代表理事は「この地方における少子化、高齢化、人口の減少、産業の空洞化の問題は私たちがよって立つ地域経済の根幹を揺るがしている。今回の連携によって沢山の地元の中小企業者が、学び、強靭な経営体質を身につけることによって、この地域の暮らしがより豊かになれるよう取り組んでいきたい。」と挨拶。

続いて烏山信用金庫の束原民範理事長が「戦後何もなかったところから山の木をお金に換えて地域の人々の産業振興に貢献してきた。地域の産業は変わったが、70年のお付き合いをしている企業もある。この地域の皆様のために、できうる限り協力していきたい。」と語った。式後行われた座談会では早速、今後の連携についての話し合いがなされた。今後も懇談を重ね、具体的な取り組みに繋げていく。

[文]事務局

栃木県中小企業家同友会

e.doyuバナー
バナー
バナー
バナー
バナー

▲Pagetop

Powered by WordPress / CIC