『 No.75 』カテゴリーの投稿一覧

No.75目次

商い話Vol.75

No.75_第33回 企業訪問(株式会社ビジュアル)

企業の「困りごと」をビジネスヒントに、
柔軟な企画力・発想力で新規事業に繋げる

株式会社ビジュアル(宇都宮市下川俣町)代表取締役 深澤 義雄 会員

平成3年(1991)3月、同社は企業紹介や社員研修、各種プロモーションビデオなど、映像制作を中心としたプロダクションとして創業しました。今でこそ、ちまたに映像があふれる時代となりましたが、当時、栃木県内においては先駆けだったそうです。

「創業当初、最先端の表現は注目を集めましたが、スポンサー企業は映像表現と自社のビジネスを結びつけるという発想がありませんでした。質の高いサービスであっても、時代に合わなければ仕事には繋がらないと感じ、その後、求人チラシに力を入れるようになりました」と深澤社長は当時を振り返ります。

今から20年以上も前、求人チラシはモノクロ1色刷りが常識で、掲載業種は大手メーカーを中心とした製造業がメインでした。また、栃木県内においてはすでに、求人チラシを扱う中堅企業が数社あり、確固たる実績と高いシェアを有していたそうです。そうした状況下で、後発企業である同社が取った方法は、求人チラシをカラー化することでした。

「求人チラシは文字だらけで、モノクロ印刷でも十分ですが、差別化するためにはたとえコストが掛かっても、カラー印刷にする必要がありました」

求人チラシのカラー化は全国初の試みだったとか。しかも、これまで製造業がメインだったスポンサーを、より生活者の暮らしに直結した「飲食業」や「サービス・販売業」などにシフトしました。

こうした試みは求人チラシの概念を大きく変え、例えば飲食店にとっては表現方法を工夫することで、店舗への来客を促す広告にもなるなど付加価値をプラス。やがて新形態のメディアとして捉えられるようになり、人材が欲しいときだけの出稿ではなく、「継続的な出稿は広告効果も期待できる」といった認識を植え付けることに成功。スポンサーの意識改革にも繋がったそうです。

現在同社は、新聞折込求人チラシ『Visual Press』、求人情報誌『Visual Free』などの求人関連メディアを中心に、クーポン付きフリーペーパー『情報マーケット』、子育て応援誌『ママトコドモト』、ペット情報誌『とちポチ』など、さまざまな切り口の媒体を手がけるようになりました。それぞれにウェブサイトと連動させ、幅広く情報発信するなど、常にコンテンツの充実を図っています。

「最近、取り扱う媒体は増えましたが、当社が目指すのは、求人屋でも広告屋でもありません。スポンサーが抱えるさまざまな『困りごと』を、持ち前の企画力・発想力でサポートし、新たなビジネスに繋げていく会社でありたいと思っています。同友会の理念とも一致しますが、陰ながら地元の中小企業を応援し、そのサポートに尽力していきたいですね」

創業当時、時代の10歩先を闊歩していた深澤社長は現在、スポンサーの半歩先を、後ろを振り返りながらマイペースで歩いているそうです。

No.75_中同協 第45回 定時総会報告

第45回 定時総会(宮崎)参加レポート

「経営の礎になった、貴重な一言」

報告者/ 代表理事 八木 仁 (株式会社 シンデン 代表取締役)

去る7月11日、12日に宮崎で行われた定時総会に参加した。2日間いろいろなことを学んだが、特に1枚の画像が印象に残った。それは、太陽を自動追尾する発電パネルの下で牧羊している海外の風景であった。

電気の買取制度がスタートして以来、遊休地に太陽光発電パネルを甍のように設置するところが増えた。当社も検討したが、林に囲まれた当社の土地では、発電量の確保が難しいと言われ、断念した。

報告者の当地宮崎の島原社長から、ビームダウン式太陽集光装置、集めた太陽熱で水素を作り、燃料電池の製造を考えていると聞いていたので、見に行きたいと思い参加した。

産学官で共同研究をしている宮崎大学は、いろいろなタイプ、メーカーの太陽光発電が設置され、比較検討しながら研究していた。
ビームダウン式の設備も見せてもらったが、集光型はレンズで光を集めるので、使用するパネルが小さくなり、その分発電効率の良いものが使えるとのことであった(詳しくは、宮崎大学のホームページを見てほしい)。

冒頭の牧羊地で太陽光発電の画像は、そのなかで紹介された。資源はどこにもある。そこにいかに地域の特色を上乗せできるかが地域力か? そんなことを、考えさせられた。

わざわざ宮崎まで行って、牧羊の画像かと思われる方もおられるかと思う。報告者、グループ討論はまだしも、夜の二次会で、たまたまいっしょになった一言が一番印象に残り、その後の考え方の大きなヒントになることを、度々経験した。

皆さんにも、その後の経営の礎になったと言えるそんな一言を、ぜひ経験してもらいたい。次は皆で参加しましょう。

No.75_平成25年7月 県例会報告

平成25年7月県例会報告

お客様に愛される動物園の戦略とは!

報告者

荒井 賢治
宇都宮動物園 園長

日 時

平成25年 7月19日(金)

会 場

宇都宮東市民活動センター

参加者

27名

7月19日に行われた県例会は宇都宮動物園・園長の荒井賢治氏をお招きし、報告いただきました。

民間の動物園の経営をするにあたり証券会社に勤めた経験が役に立ったという報告から始まり、社員教育や地域のさまざまな企業を巻き込んでのイベントや仕掛け、マスコミ戦略などを具体的に報告してくださいました。

その中で動物の写真を織り交ぜながら報告してくださった部分では動物が笑っている写真が含まれており、「動物が笑ってくれる動物園であれば、お客様も愛してくれる」とおっしゃった園長の言葉が印象に残りました。

今回は民間の動物園経営者の報告ということで、同友会の報告事例では珍しい業種でしたので、グループ討論では園長への踏み込んだ質問や自社での地域に愛され一緒になってやっている取り組みなどの意見交換も活発に行われました。

地域との連携や関わり方、自社の魅せ方など多くの参加者が明日からの経営に何かしらのヒントを得て活かしていくことと思います。

No.75_委員会活動報告(ボーリング大会)

委員会活動報告ボーリング大会で楽しい時間を共有

日 時/平成25年7月24日(水)
会 場/ラウンドワン
参加者/24名

総務委員会、親睦行事恒例のボーリング大会をラウンドワンにて開催しました。

会員さん、また社員の皆さんにもご参加いただき、24名で元気に!

山中代表理事の始球式でスタートし、自慢の腕を披露する強豪チーム、なかなか得点が……というチーム(笑)、それぞれですが和気あいあいと楽しい時間を過ごしました。

終了後の懇親会では表彰式を。優勝はアクティチャレンジの木戸さんでした。

皆さまからたくさん協賛品をいただいたおかげで、豪華な賞品が並ぶ表彰式となり、懇親会も遅くまで盛りあがりました。ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

栃木県中小企業家同友会

e.doyuバナー
バナー
バナー
バナー
バナー

▲Pagetop

Powered by WordPress / CIC