プライバシーポリシー

栃木県中小企業家同友会の個人情報保護指針

当会は会員交流のための会員名簿の発行やホームページから登録できる「例会登録システム」、中小企業家同友会とも協力した「全国会員データベース」「Job Way」などの情報ネットワークの整備拡充を積極的に進めて参りました。

一方、IT技術の進展に伴い、インターネットをはじめとするネットワークに接続されている情報システムは、常に、侵入、破壊、改ざん等の危険にさらされており、最近のいくつかの「大量の個人情報流出事件」は、当会にとっても他人事ではありません。今や、社会的なプライバシーへの関心は高まり、その保護なくして「経営や同友会活動でのIT活用」や情報ネットワークの利用は考えられない環境にあり、社会的責務となっています。

当会は、会内外の個人情報を適切に扱い、情報ネットワークをおおいに活用して運動を発展させる立場から、次の通り個人情報保護に関する指針を定め、会においてこれを具体化して取り組むこととします。

  1. 個人情報とは、会の保有する会員および会員企業にかかわる情報、共同求人活動により収集した学生等求職者にかかわる情報、事務局員にかかわる情報などをさします。
  2. 個人情報の収集にあたっては、その目的を明確に定め、必要な限度において行います。また収集した個人情報の利用にあたっては、目的を達成するために必要な範囲に限ります。
  3. 個人情報の第三者への提供は行わないものとします。ただし、会の活動上必要で本人の同意を得て行われる場合、および法的根拠にもとづいて要求された場合はこの限りではありません。
  4. 当該本人からの個人情報開示要求や内容についての訂正、更新についてはすみやかに対応し、常に正確性と公平性を保つように努めます。
  5. 当協議会が保有する個人情報に関して適用される法令及びその他の規範を遵守すると共に、個人情報の適切な管理環境を保持し、かつ漏洩等を防ぐために、情報セキュリティー(安全保護措置)を確保するための管理体制を確立します。
    1. 組織・体制 事務局には特に情報が集積しており、事務局内には必ず情報管理責任者、システム管理者等を定め、責任と権限を明確にします。会内組織でその情報を二次使用する場合もこれに準ずるものとします。
    2. 人的セキュリティー 安全保護措置は情報を扱う者の判断や行動に大きく依存していることを理解し、事務局員、会員等の教育・啓発を行ないます。また、外部委託先等については個人情報保護の遵守を契約書に明示するなど適切な対応をします。
    3. 物理的セキュリティー 情報システムや情報媒体の管理場所への不正な立ち入り等の防止のため、適切な対策を講じます。
    4. 技術的セキュリティー 業務用件による情報へのアクセス制御、コンピューターウィルス対策、セキュリティー情報の収集、インターネットでのデータ配信時にはSSL等の機密性が保たれる技術を使用する、WEBでの個人情報公開では一括取得できないような対策を講じるなど、適切な対応をします。

情報セキュリティーの保持は、その時々の環境(ハードウェア、ソフトウェア、技術等)により変化するものであり、対応策の定期的な見直しを実施するなど、日々の継続的な取り組みによって確保される性質のものであることを認識して臨みます。

栃木県中小企業家同友会

e.doyuバナー
バナー
バナー
バナー
バナー

▲Pagetop

Powered by WordPress / CIC