No.98_News Topic:栃木の話題

News Topic 01 栃木の話題
~5月栃木県例会~

経営指針の作成で会社が変わる

2018年5月25日 於:宇都宮市東市民活動センター

報告者:(株)伸電 会長 原田誠氏
(宮城同友会 元代表理事)

去る5/25宮城同友会から(株)伸電の原田会長をお招きしてご報告をいただいた。原田氏は子供の頃に自分の家に電灯が点いた感動体験から電気工
事の会社を起こした。氏は感動体験をどうやって経営に結びつけるのかを考え、それには科学性・人間性・社会性の3つの整合性が必要であり、人を生かす経営が必要なのだということに気がつかれ、経営指針を作っていった。しかし、当初は社員に受け入れられず、拒否すらされてしまう。受け入れられるためにはどうしたらいいのか?原田会長は試行錯誤を繰り返し、社員が受け入れる体制作りから始めた。社員に理解してもらうため、「人を生かす経営」を具体的に数字化し、経営数値は言語化した。さらにお客様と自分たちの仕事とお金の関係を理解してもらえるまで社員に伝えた。

経常利益=お客様感謝高。その言葉通り、お客様に感謝される商材を深めた新規事業は「生体エネルギーの活用」にたどり着き、現在では(株)伸電の大きな柱となっている。

社員の気持ちも含めた現状分析から自社の再構築をしていったその行動力を見習い、私たちもそれぞれの会社で実践していきたい。

5月栃木県例会 画像
原田誠氏 画像

原田誠氏

[文](株)共立
石綱知進

栃木県中小企業家同友会

e.doyuバナー
バナー
バナー
バナー
バナー

▲Pagetop

Powered by WordPress / CIC