『 県例会告知 』カテゴリーの投稿一覧

2019 経営フォーラム

経営フォーラムのご案内
栃木県中小企業家同友会 2019経営フォーラム

主催 栃木県中小企業家同友会
代表理事 八木 仁
代表理事 山中重雄

テーマ) 心がおれない経営者のつくり方
~ある日突然40億円の借金を背負う それでも人生はなんとかなる~

報告者) 湯澤 剛

株式会社ユサワフードシステム 代表取締役

 大学卒業後、大手企業に入社し12年間勤務、エリートサラリーマンとして人生を謳歌していた湯澤氏だったが、実父が急逝。金融機関からの強い要請により“やむなく”経営を引き継がざるを得ない状態となった。
 引き継いだ会社は、当時の年商をはるかに超える有利子負債40億円を抱えていた。
各店舗の組織体制もボロボロで33店舗の運営に店長はたった2人。さらに資金ショートの連続で経営的にも精神的にも追いつめられていった。
 なんとか借金を減らすために、各店舗を駆け回り社員を励まし利益を追求した。
結果、事故が起きた。食中毒、火事、さらに幹部社員の死・・・「このままではだめだ」と思ったとき、中小企業家同友会に出会った。同友会の経営指針セミナーで学んだ「経営者として腹をくくる」とはどういうことか、何度も訪れた苦境を乗り越え社員と共に歩む経営にたどり着いた湯澤氏の報告から、「こころの折れない経営者のつくり方」を学びます。

〈プロフィール〉

売上4億円 社員数60名(パート・アルバイト含む)

事業内容:飲食店経営、不動産賃貸業

著書「ある日突然40億円の借金を背負う。それでも人生はなんとかなる」

PHP研究所刊 神奈川同友会 理事 財務委員長

日 時
2019年11月11日(月)
開会15:30
場 所
ベルヴィ宇都宮
宇都宮市宿郷5-21-15
電話028-633-1165
参加費
10,000円(パーティー参加費含む)

お問合せは電話 028-612-3826
栃木県中小企業家同友会事務局

パンフレットのpdf 及び 申込書はこちら

10月県例会

栃木県中小企業家同友会10月県例会のご案内
(2019経営フォーラム実行委員会主催)

主催 栃木県中小企業家同友会

テーマ)グループ長(室長・座長)研修会
~「社員から意見が出る上手なやり方伝えます」~

 「良い話を聞いても学べない」という話を聞きますが、原因は講演の良し悪しよりも聞き手の力量によるところが多いようです。そこで「グループ討論」です。グループ討論は聞き手の力量を著しく高めてくれます。同じグループの方々の様々な「聞き方」を知ること、また、テーマ設定された課題を掘り下げることを通して、参加者の「聞く耳」を育て、問題の本質を見極める力を身につけることができるので、参加し続けると、あらゆるものから学べる体質が培われていくのです。
 良いグループ討論には良いグループ長の存在が不可欠です。良いグループ長は、参加しているメンバーの”本音”を引き出し、具体的な経営課題を明らかにしたり、参加メンバー全員が深く納得のいく結論を導き出すことができます。さらに良いグループ長は、自社の会議においても、社員の意見を引き出し、社員全員が深く納得のいく結論を導き出すことができるのです。
 さて、良いグループ長になるにはどんな力が必要なのでしょうか?今回はそのコツをそっと伝授いたします。ぜひ、この機会にグループ討論の極意を学んでください。

講師担当)
株式会社イシカワ代表取締役 石川大樹氏
日時
2019年10月23日(水)
18:30 ~
 (受付18:00)
場所
宇都宮市東市民活動センター
〒321-0968 栃木県宇都宮市中今泉3丁目5−1
参加費
無料(事前申し込みをお願いします。)

例会終了後、懇親会を開催します。(希望者のみ。参加費4000円位)

申込書はこちら

問合せ)栃木県中小企業家同友会 宇都宮市中今泉町2-3-13
Tel 028-612-3826(090-3125-8289)
FAX 028-612-3827

9月県例会

栃木県中小企業家同友会9月県例会のご案内
(県央支部主催)

同友会会員及び経営の勉強をしようと考えている方へ

主催 栃木県中小企業家同友会
代表理事 八木 仁((株)シンデン)
代表理事 山中 重雄((株)こぶし)

テーマ)「これからの栃木県のひとの問題を考える」
~「各市町村の人口はどうなるのか?また、人の動きは?土地の価格は?」~

 少子化高齢化が叫ばれるなか、いまだにイメージが付きづらい人口問題。 今まで起きてきたことと、今起きていることからこれから起きることを考えます。
 公表されているもののなかから、わたしたちが気が付かなかったものを探ります。
 より具体的に、自分たちの周りでおこっていることを見ていきましょう。
 一部映像も取り入れて、起きていることと起きそうなことを探っていきましょう。

栃木県の人口推移グラフ図
報告者)
株式会社 共立代表取締役 石綱知進氏
株式會社 総研専務取締役 小岩圭一氏
日時
2019年9月25日(水)
18:30 ~ 21:00
 (受付18:00)
場所
宇都宮市東市民活動センター
〒321-0968 栃木県宇都宮市中今泉3丁目5−1
参加費
無料(事前申し込みをお願いします。)

例会終了後、懇親会を開催します。(希望者のみ。参加費4000円位)

申込書はこちら

問合せ)栃木県中小企業家同友会 宇都宮市中今泉町2-3-13
Tel 028-612-3826(090-3125-8289)
FAX 028-612-3827

8月県例会

栃木県中小企業家同友会8月県例会のご案内
(鹿沼・日光支部/ダイバシティー委員会共催)

同友会会員及び経営の勉強をしようと考えている方へ

主催 栃木県中小企業家同友会
代表理事 八木 仁((株)シンデン)
代表理事 山中 重雄((株)こぶし)

テーマ)「多様な人々が輝くために」
~発達障害者等免許取得支援「つばさプランに見る企業と福祉の連携」~

古澤正已氏

古澤正已氏

福田由美氏

福田由美氏

自動車教習所業界では、少子化が叫ばれるなか値引き合戦による過当競争が激化していた。鹿沼自動車教習所の古澤社長は、当時合格率が半分以下だった発達障がい者の免許証取得率向上が差別化につながるのではないかと考え、そのプログラム作りに試行錯誤していた。転機は古澤氏が発達障がい者の教育に詳しい宇都宮大学に協力を仰いでからだ。方針に確かな手ごたえを得た氏は、実践にあたって同じ鹿沼市にあるNPO法人CCVの協力を得ることができた。そして化学反応が生まれた。『つばさプラン』の誕生である。実践で起こる様々な問題をスタッフが丁寧にマニュアル化していく繰り返しの中で、発達障がい者免許証取得支援プログラムは精度を増していった。
 「つばさプラン」は、その後7年間で200名を超える卒業生を輩出する。免許証取得後わざわざ四国からお礼に来る親子、日本全国から届く合格報告のはがき。それがスタッフの意欲に繋がる。企業と福祉の連携は、唯一無二のビジネスモデルとなり、全国に広がりつつある。鹿沼市の中小企業連携は全国にはばたく「つばさ」を手にした。
「つばさプラン」はいま全国展開に向け進展中です。

報告者)
発達障害者免許取得支援校鹿沼自動車教習所
代表取締役 古澤正巳氏
NPO法人  CCV理事長   福田由美氏
日時
2019年8月27日(火)
18:00 ~ 21:00
 (受付17:30)
場所
栃木県青年会館コンセーレ
(宇都宮市駒生1丁目1-6)
参加費
無料(事前申し込みをお願いします。)

例会終了後、懇親会を開催します。(希望者のみ。参加費4000円位)

申込書はこちら

問合せ)栃木県中小企業家同友会 宇都宮市中今泉町2-3-13
Tel 028-612-3826(090-3125-8289)
FAX 028-612-3827

6月県例会

栃木県中小企業家同友会6月県例会のご案内

同友会会員及び経営の勉強をしようと考えている方へ

主催 栃木県中小企業家同友会
代表理事 八木 仁((株)シンデン)
代表理事 山中 重雄((株)こぶし)

テーマ)これからの時代に、今見えていることを認める
~持続可能な地域経済実現のための中小企業の役割~

吉田敬一氏

駒澤大学経済学部教授
吉田敬一氏

 中同協企業環境センター所長を勤め、数十年に渡り中小企業のために研究を重ねてきた吉田教授に、ヨーロッパ(社会的市場経済)におけるローカル循環型経済と、日本の地域経済を支える中小企業の現状を鑑み、この時代を生き抜くためにどんな考え方が必要なのかを語っていただきます。

”令和”がどんな時代になるのか?
私たちはどのように考え行動したらよいのか?

明日を切り開くヒントがここにあります。
ぜひ、ご参加ください。

日時
2019年6月20日(木)18:00~
(受付17:30)
場所
宇都宮市 東市民活動センター
宇都宮市中今泉3-5-1(宇都宮市東図書館)
参加費
無料(事前申し込みをお願いします。)

例会終了後、懇親会を開催します。(希望者のみ。参加費4000円位)

申込書はこちら

問合せ)栃木県中小企業家同友会 宇都宮市中今泉町2-3-13
Tel 028-612-3826(090-4543-4246)
FAX 028-612-3827

栃木県中小企業家同友会

e.doyuバナー
バナー
バナー
バナー
バナー

▲Pagetop

Powered by WordPress / CIC