10月鹿沼・日光支部例会

栃木県中小企業家同友会
鹿沼・日光支部 10月例会のご案内

テーマ)ひとりひとりの従業員の生活を考える経営
~「労使見解」と「数値経営」をふまえて~

八木 仁氏 写真

(株)シンデンは、1967年に父である先代が設立した「軟質発泡ウレタンフォーム」(通称:スポンジ)を加工する会社で、現在は「柔らか系樹脂」と称しているスポンジ、フェルト、生地などの二次加工を行っています。

 現在、その代表取締役を務める八木 仁氏は、37歳で社長に就任し、40歳で栃木同友会に入会しました。

 八木氏が社長になる前、10歳上の段階の社員が多く、その人たちが中心的に活躍していましたが、やがて技能をもった団塊世代がこぞって退職する前に、少しずつ社員を入れて、教育していかなければと、その後は新卒採用に力をいれていきました。一時期労働分配率が上がり、苦しい時期がありました。今より人手不足感がない、新卒者が集まりやすい時期だったので乗り切れたと八木氏は顧みます。

 八木氏は、「入社から35歳までは自分の余暇のため、45歳までは子どものため、55歳までは親のため、それ以上は自分の体が動かなくなり有給をとる。皆が有給休暇をとるのは当たり前のことだから、売価も…」とよく言います。

 今回は、八木氏の報告から、ひとりひとりの従業員の生活を考える経営を学びます。

報告者
八木 仁 氏
株式会社シンデン 代表取締役、栃木県中小企業家同友会 代表理事
座長
斎藤 秀樹 氏
(有)ウィステリアエステート 代表取締役
日時
2021年10月29日(金)
18:30~21:00(Web Access 18:00~)
会場
WEB会議(ZOOM)+鹿沼商工会議所会議室

インターネット環境に接続されたノートPCやスマートフォンがあれば、
参加のご連絡を事前に頂ければ、接続方法のご案内を事務局より行います。
参加費
無料(同友会以外の方も参加できます)

申込書はこちら

お問い合わせ)栃木県中小企業家同友会 事務局 担当:二階堂
Tel 028-612-3826(090-3125-8289)
FAX 028-612-3827

栃木県中小企業家同友会

e.doyuバナー
バナー
バナー
アクセスカウンター

▲Pagetop

Powered by WordPress / CIC