2021新春講演会

栃木県中小企業家同友会2021新春講演会のご案内

テーマ)コロナ禍の先の地域をどうデザインするか
~『new normal』の意味と都市の交流とその変化~

講演者
小笠原 伸氏
白鴎大学 ビジネス開発研究所所長
経営学部教授

【講演者紹介】
専門は都市戦略、地方創成、新産業創造。中京圏のロボット産業振興プログラムに携わり、国土形成計画に知恵の場や知的対流拠点等「熱源」の必要性を指摘。茨城県結城市まち・ひと・しごと創成推進会議などで助言を行う。論文に「サードプレイスと都市との関係」、「ソーシャルメディア論」(青弓社)など。
司 会
鷹羽 知子氏
大倉ホンダ販売(株)
座 長
斎藤 秀樹氏
(有)ウィステリアエステート 代表取締役
主 催
栃木県中小企業家同友会
設 営
鹿沼 ・日光支部
次 第
(予定)
1.開会宣言
2.代表理事挨拶
3.来賓挨拶
4.講師紹介
5.講演
6.質疑応答
7.謝辞・まとめ
8.閉会宣言

【講演内容】

新型コロナウィルスの発生により世の中の様子が変わり、コロナウィルスが去った後も元の世の中に戻らないと言われています。 このため、いろいろなことを私たちは意識的に変えて地域のデザインをすることが求められています。今後の地方創生は現在の取り組みをやめることを考えてから新たに実行することが重要になります。

小笠原教授より鹿沼市の事例にも触れて頂きながら、我々中小企業家は地域の一構成員として何をすべきか、そして行政と連携しつつどのような地域の未来を考えいくべきかを学びます。

日時
2021年2月3日(水)18:30 ~ 21:00(WebAccess 18:00 ~)
会場
WEB会議(ZOOM)
参加費
無料(同友会以外の方も参加できます)

申込書はこちら

お問い合わせ)栃木県中小企業家同友会 事務局 担当:二階堂
Tel 028-612-3826(090-3125-8289)
FAX 028-612-3827

栃木県中小企業家同友会

e.doyuバナー
バナー
バナー
アクセスカウンター

▲Pagetop

Powered by WordPress / CIC